コパの独り言

coppereye.exblog.jp ブログトップ | ログイン

2014年 12月 29日 ( 1 )

バズ天国へ

12月29日(月)

バズが一昨日天国へ旅立ちました。
27日午前3時40分。
享年推定11。
我が家にやって来たのが2009年1月でしたから
一緒に暮らしたのは6年足らずでした。

これが最後の1枚。
c0132387_0234550.jpg




かなり衰弱していましたが、
しっかり歩いてトイレに行っていたし
高いところへも ひょいと軽く飛び乗ることも出来たので
まだもう少し大丈夫だと勝手に考えていました。

突然でした。

27日の夜、眠っていると
ベッドに上がってきて、私を起こし、布団の中にもぐりこんで来ました。
そして、私の腕を枕に横になって、ものの5分ほど。
ゆっくりと呼吸が止まるのがわかりました。

口元が濡れていたので水を飲んで来たようでした。
まさか死ぬなんて、バズも思っていなかったのではないかな…。
それとも、私の腕の中で死にたかったのかな…。
近々介護が必要になるだろうと覚悟していたのに、、
迷惑かけまいと思っていたのかな…。
あれこれ考えながら夜が明けるまで
そっとそのまま寝ていたのですが、
バズの身体は、ずっと温かいままでした。
まだ生きているのでは?と何度もバズの顔を見たほど。

バズらしい静かな最期でした。

元気な頃のバズ。
強面、でも、優しい穏やかな性格でした。
c0132387_193995.jpg

2年前、だんだん痩せてきたころ。
c0132387_130342.jpg

鼻がきかず、よくこうしていました。
こうすると呼吸しやすくなるようでした。
c0132387_1324974.jpg


持病の鼻炎は、
治ることはないと獣医に言われていました。
猫はどんなに美味しそうなものでも、
においを嗅いで、確かめてからでないと口にしません。
鼻の調子が悪い時は、どうしても食べようとはしませんでした。
調子のいい時はたくさん食べましたが、
だんだん好きなものしか食べないようになり、
その好きなものも日によって変わるので
毎日バズに何を食べさせようか、、と
悩む毎日が続きました。

今でも、猫たちの食事の時間になると
「バズに何を食べさせよう?」と考えてしまいます。

他に猫が何匹いても、寂しいものですね。
その辺で寝ているのでは?と思ってしまったり。
c0132387_1345693.jpg


またどこかで会おうね、バズ。
c0132387_1353798.jpg




バズ、宝塚動物霊園へ。
c0132387_2441738.jpg

ミニーとメイに会えるよ…
c0132387_2441134.jpg




by coppereye | 2014-12-29 23:19 | にゃんこ(Cats)
line

花と猫ともろもろと… 絵日記


by coppereye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31