コパの独り言

coppereye.exblog.jp ブログトップ | ログイン

21年過ぎた

1月17日()

阪神淡路大震災から21年。
21年という長い年月が過ぎたなんて。
あの日のこと、こんなに鮮明に憶えているのに。

風化させてはいけない…と、生徒達に話してみるけれど、
「ふ〜ん?」と言うだけ。
もう震災後に生まれた子供達ばかり。
c0132387_0504049.jpg


目を閉じて、震災前に住んでいたマンションの部屋に帰ってみる。
玄関のドアを開けると、靴箱、その上にお正月用の凧がまだ片付けずに掛かっていて…
居間に入る。テレビ、飾り棚、カーテン、こたつ、、あの頃はこたつを使っていたんだった。
寝室に入って、たんすの一番上の引き出しを開けてみる、ネックレスや指輪の箱、、
その下の引き出しは、肌着、そのまた下にはブラウス、流行遅れな。。
本棚に目を向けると、本のタイトルも見える。
注文して1ヶ月経って、ようやく届いた本、まだ読んでいない。
ずいぶん頑張って買った画集10冊、積んだまんま。
寝室、お風呂場、台所も歩き回ってみると、まだある。

すべて灰になってしまった物たち。

でもでも、
モノはまた取り戻すことが出来るから。





by coppereye | 2016-01-17 23:34 | つぶやき(Muttering) | Comments(6)
Commented by しげやん at 2016-01-18 04:05 x
あの日を思い返すとき、私の両親やきょうだい、先生をはじめとした身近な人の命が「失われなかった」ことに感謝します。
Commented at 2016-01-18 11:21 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by uoom at 2016-01-18 21:49
阪神淡路大震災
なにもかも衝撃でした
21年もたつなんて 
昨日のようなのにね
あの時ほど 火災が恐いと
思ったことはありません
Commented by coppereye at 2016-01-20 00:24
☆しげやんさま
そうですね、、 
自分が生きていられたこと、本当によかった…と思いましたが、
もし身近な人が亡くなっていたら、そんな気持ちではいられなかった
でしょうね。
Commented by coppereye at 2016-01-20 00:36
☆鍵コメさま
うれしいコメントを、ありがとうございます!
テレビで、あの日亡くなった人々の亡くなった原因について
話していました。
地震直後は生きていて、助けを待っている間に
亡くなった人が大勢いたことがわかったそう。
私は、たまたま実家に戻っていて死なずにすんだのですが、
生死をわけたのは何だったのでしょうね。





Commented by coppereye at 2016-01-20 00:42
☆uoomさま
21年が過ぎたと言っても、ぴんと来ないんです。
ふつう、長い月日ですよね。
地震も怖かったのですが、その後にあちこちで起こった火災、
あんなに恐ろしいものはないと思いました。
生きているのに、家の下敷きになって動けず、火が迫って来て…
身震いしてしまいます。
line

花と猫ともろもろと… 絵日記


by coppereye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31