コパの独り言

coppereye.exblog.jp ブログトップ | ログイン

ふたたび悪夢が…

3月10日(月)

先週の火曜日のこと、
庭猫のロドが小屋から一度も出て来ずうずくまっているので
夜になって動物病院へ連れていったのですが、、

血液検査の結果は
「白血球の数値が異常、FIP(猫伝染性腹膜炎)の可能性がある」でした。
FIPの検査をしたわけではないけれど、
限りなく黒に近いグレーと。

FIPと聞いたとたん、体中が冷たくなりました。
マック、ミニー、メイと続いて3匹の猫が「病院へ=死」でした。
もうあんな辛い経験したくない。
ロドは風邪くらいでありますように、、と祈りながら
連れて行ったのでしたが
まさか、メイと同じ病気になるとは。。007.gif



その翌朝のロド。
c0132387_20561220.jpg


病院通いは猫のストレスにもなるから家で注射をうつようにと言われ、
毎日1本、私がうっています。
だいぶ慣れました。
皮下注射なので難しくはないのですが、、。
c0132387_20561033.jpg



ここ数日、ロドは元気です。
お隣の屋根にあがって日向ぼっこしたり、庭を散歩してみたり、
ご飯もよく食べるようになりました。

が、、これは一時的もの。薬が効いているだけ。
メイを思い出せば、わかります。
メイが少し元気に遊んでいると、治るにちがいない!と何度思ったことか。
そんなこと、絶対ありえないのに本気で思いました。
薬はいずれ効かなくなります。
ロドも少しずつ弱っていくのでしょう。



昨年の12月、ハチ(ユウ君改め、、)と仲良く食べていたロド。
c0132387_20561810.jpg


これは今年1月。
毛が抜けて痩せてきました。
それでも、まだ元気でした。
c0132387_20561530.jpg


このFIPという病気にかかる猫、結構いるのだとか。
癌のように早期発見で治る、、ということはなく
今のところ、FIPと診断されたら必ず死ぬという。

恐ろしい病気です。

誰か早く特効薬を作ってください!






by coppereye | 2014-03-10 20:40 | にゃんこ(Cats)
line

花と猫ともろもろと… 絵日記


by coppereye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31