コパの独り言

coppereye.exblog.jp ブログトップ | ログイン

不治の病って、、

3月1日(金)

お久しぶりです。
ブログのこと気になりながら、何と書き始めたらいいのか…と悩んでいるうちに時が経ってしまって、
ちょっと1週間ばかり冬休み…のはずが、とうとう1ヶ月も休んでしまいました。


2月の初め、メイの呼吸が荒いことに気付いて動物病院へ連れて行ったら、、
c0132387_1250418.jpg


「肺炎だといけないので」と検査することになりました。
風邪ひいて鼻がつまってしまったかな〜くらいに思っていたので、レントゲン写真を見せられ、
結果を聞いた時は愕然としました。胸水が溜まっていて片方の肺が真っ白。
獣医さんに、「子猫でこんな症状が出るということは、まず『猫伝染性腹膜炎』でしょう。
現在治療法はありません。100%死にます。余命1ヶ月ほどです。」と言われました。
「お気の毒ですが、、」とか「かわいそうに、、」という言葉もなく淡々と。

抗生剤とステロイド剤で病気の進行を少しは遅らせるかも…ということで、
その日から毎日飲ませて、1ヶ月。薬の効果なのか、メイは元気にしています。

病気になる前と同じように他の子たちとふざけたり、
c0132387_14245346.jpg

新聞紙を破ったり、
c0132387_12505642.jpg


元気いっぱいのメイを見ていると、もしかして治るのでは?と期待してしまうけど、、
週一回の検査に行くたびに真っ暗な気持ちになって帰ってきます。
相変わらす胸に水が溜まっていて肺は白いままで。

c0132387_1251144.jpg


秋に生まれ、まだ春を知らない生後6ヶ月の子猫が死んでしまうなんて、あまりに可哀相。
病名を告げられてからしばらくはパニック状態、泣きわめきたい気分で過ごしていました。
ようやく少しはあきらめがついたと言うか、、
どうしようもないのだったら、出来る限りいっしょにいて、思い出をたくさん作ろう、、と。

いつも後を追って来るし、
c0132387_12511030.jpg


私にすがりついてお昼寝するし、
c0132387_12505188.jpg

メイがもっとツレない子だったら、こんなに懐いてくれない子だったら、、。

日向ぼっこが大好きなメイ、せめて春の暖かい陽光を一度でも浴びることが出来ますように、、
稀に治る幸運な子猫もいると聞き、メイがその幸運な子の中に入りますように、、
と、祈る日々。


「今日も元気でいてくれて、ありがとうね」
c0132387_1251147.jpg






by coppereye | 2013-03-01 14:42 | にゃんこ(Cats)
line

花と猫ともろもろと… 絵日記


by coppereye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31