コパの独り言

coppereye.exblog.jp ブログトップ | ログイン

大塚国際美術館

9月19日(土)
今日は素晴らしい晴天。爽やかな風も吹いて、こんな日がずっと続くといいのに…。
世間では今日からシルバーウィークだと騒いでいるけど、まったく関係なし。昨日の休んだ分の振り替えをしなくてはならないから。


大塚国際美術館は大鳴門橋を渡ってすぐ鳴門公園内にあります。山を利用して建てられていて、正面玄関を入ると長いエスカレーターがあり、上がって行くと地下3階に着きます。そこから地上2階までが展示場。延べ床面積29,412㎡もある上、迷路のようになっていて、何度も迷子になりそうになりました。

展望台から見た美術館。上から見ると2階建てのように見えますが、実際は5階以上。
c0132387_050467.jpg



大塚国際美術館は、陶板画の美術館。西洋の古代から現代までの1000余点の名画を原寸大で陶板画として複製しています。原画は褪色劣化を免れないが、陶板画は2000年以上そのままの色と姿で残る、、と聞き、驚きました。

陶板画は、原画を撮影し転写紙に印刷、それを陶板に転写し、さらに職人が手作業で仕上げをし、焼成したものだそう。
大きな絵画は、幅90cm、高さ3mの陶板をいくつも連ねてあります。

バチカンにあるシスティーナ礼拝堂の空間をほぼそのままの大きさで再現した「システィーナ・ホール」。
c0132387_1204172.jpg

ポンペイの壁画。床のタイルまで再現されていました。
c0132387_1222683.jpg

陶板のつなぎ目が少々気になりますが、、。実物は写真ほど気になりませんでした。
c0132387_261811.jpg

印象派の部屋で。
c0132387_1235517.jpg

セガンティーニの「アルプス三部作」から。幅5メートルくらい?
c0132387_1243480.jpg

「ゲルニカ」
c0132387_125175.jpg



原画でないから行きたくない…と言う人もいます。こだわりは理解できます。確かに、筆のタッチにこだわれば、物足りないかもしれないし、画家と直接触れ合うことはできないかもしれません。でも、ここにある作品をすべて原画で見ようとすると世界中を回る膨大な時間と体力が必要です。
それに画集を見ているよりずっと迫力があり、圧倒され感動できます。
美術史を勉強したい人には特におすすめしたいです。挿入されている絵画がすべて実物大なんて、最高の教科書! 








by coppereye | 2009-09-20 02:02 | Comments(28)
Commented by ナータン at 2009-09-20 15:17 x
大塚国際美術館に行かれたのね!
ナータンも三年前に行きました。スゴイ!陶板画
写真を撮っても良いですよッと案内係に言われパチパチと・・・
ところが ところがです 二ヶ月後にイタリアに行った時
ついつい大塚国際美術館が頭によぎり
本物のバチカンのシスティーナ礼拝堂の写真をパシャリ!
「オォ~ノー」ッとお叱りを受け 
恥ずかしい思いをしました
でもそのお蔭で本物の写真をゲット!
礼儀知らずのナータンでした

追伸
ほんと陶板画のつなぎ目が惜しいですね
未来には無くなるかも・・・
Commented by ajisai212 at 2009-09-20 17:06
絵も写真も陶芸も下手の横好きと言う言葉がピッタリの私ですが、見るのは大好きです(#^.^#) もう少し余裕が出来たらゆっくり美術館巡りもしたいです。この美術館も是非行ってみたくなりました。一日中見ていてもきっと飽きないです^^
振替えでゆっくり出来ない事と思いますが、お身体に気をつけて頑張って下さいね(^^)/
Commented by syaruruk at 2009-09-20 17:58
陶板画の美術館ですか。すごいですね。

一度行ってみなくちゃ。
Commented by lucky-powder at 2009-09-20 18:09
すごいーーー!!!
行ってみたいです。。そして、この五感に感じてみたいです ^^

ルネッサーンス~♪
Commented by uoom at 2009-09-20 18:23
すごいですねー  見てみたいものです
Commented by tiny0505 at 2009-09-20 19:51
こんばんわ
上から2枚目の天井を見て見たいです。
写真でもすごく感動してます。
Commented by tenpei77 at 2009-09-20 20:34
そりゃーどんなトコでも行かんより行ったほうがいいに決まってる(^^)v
ましてや完全レプリカとなれば眼の保養、年寄りじみた言葉で言えば眼福かな眼福かな。
2、3枚目はこれだけで充分大迫力。
約3万ヘーベーって何坪?どんだけデカいか見当もつかんが人とはぐれたら二度と再び巡り会えないくらい?
興味あるけどボクにはコパさんの写真で十二分かな~(^^)
Commented by ae_aole at 2009-09-20 20:39
大塚国際美術館!
私も一度は行ってみたいと思ってる美術館

コパさんのお話を窺って
ますます、行ってみたくなりましたー!

ご紹介、ありがとうございました♪
Commented by fuwari-92 at 2009-09-20 21:01
四国に来られたんですね~♪
近いようで遠いんだけど大塚国際美術館
行きたいと思いつつ行けてないんですよね・・・^^;
機会があれば是非行ってみたくなりました♪
Commented by mmarim at 2009-09-20 22:41
こんにちは。こっそりつぶから飛んできました(^^)
大塚国際美術館・・・すごく行きたくなりました!!
原画じゃなくても、本などで見るよりよさそうですね。
機会があれば行きたいです・・・。
Commented by nabari1998 at 2009-09-20 22:47
こんばんわ!みるくです(●・・●)ノ
大塚国際美術館!いいなぁ、行きたい・・・・・。
・・・・・・さて、親がいいと言ってくれるだろうか。(笑)
リンクさせてもらいました。
これからもよろしくお願いします!(*><)
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:31
☆ナータンさま
触っても写真撮ってもいいと言われた時は驚きましたね。
それにしても、、本物の写真を撮って来られたとは、、^^
すごい記念品ですね。

陶板画のつなぎ目のこと、私もそう思います。
技術がもっと発達して。。。でも 今までに作ったものはどうなるのかな?
おびただしい数ですものねえ。
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:34
☆紫陽花さま
そうなんです! ずっと見ていたくなりました。陶板画とは言え、
世界中の絵画が一度に見られるんですから、すごいです。
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:36
☆シャルルさま
シャルルさんとこからも結構近いのでは? 
カッパさんとヨットならあっという間ですね。^^
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:38
☆k-coさま
うひゃひゃ。ルネッサンスの展示場に入った時、金曜会の誰かが
「ルネッサ〜ンス♪」と言っているのが聞こえてきました。 
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:39
☆uoomさま
実物大には圧倒されて、陶板画なんてどうでもよくなるほど
感動しましたよ。
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:42
☆タイニーさま
天井の壁画にはもう大感激でしたよ!
長い間上を向いていたので首が痛くて、ふらふらしましたが。^m^
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:47
☆テンペイさま
眼福かな眼福かな、、って。。。^^
幅5m以上になると、ほんとに大迫力で、いいですよ〜。
中には本物は見られないものもあるんです。
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:49
☆ae_aoleさま
私も最初は複製??などと思っていたのですが、行ってみると
感じさせないほど、素晴らしいです。ぜひ感動を〜
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:50
☆ふわりさま
ほんの片足くらいですが、四国の地を踏みました♪
ふわりさんとこから地続きですが、ひょっとすると淡路縦断の方が近いかもしれませんね。
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:56
☆ mmarimさま
ようこそ、いらっしゃ〜い!つぶから飛んでいらしたんですね。
私のつぶはどこで発見されたのかしら? 
原画じゃなくても、感動しますよ。ぜひどうぞ!
Commented by coppereye at 2009-09-20 23:59
☆みるくさま
いらっしゃい♪ 初めまして! こちらこそよろしくね。
リンクしましたよ。
さきほど、みるくさんちに遊びに行って来ました。^^
Commented by rockin' at 2009-09-21 21:01 x
其の一

>昨日の休んだ分の振り替えをしなくてはならないから。
 お疲れ様です。

>延べ床面積29,412㎡もある上・・・
 で、でかい!
 私、Uの字の逆になっている回廊(?)を見て、デ・キリコの絵を思い出しました。

>システィーナ礼拝堂
 はじめて聞きます。
 いやー、すごい迫力ですね。

>ポンペイの壁画。
 これも迫力あります。
 こんなに力強い色彩をしているのですね。
 知りませんでした。

>陶板のつなぎ目が少々気になりますが・・・
 ドレス・・・
 日本の着物を思い出しました。
 生地の質感も柄もとっても着物的です。
Commented by rockin' at 2009-09-21 21:15 x
其の二

>印象派の部屋で。
 右端の絵を見た瞬間、It's a Beautiful Day のアルバムジャケットを思い出しました。
 これです⇒://www.amazon.co.jp/dp/B000000DPF?tag=krazykoolweb-22&camp=243&creative=1615&linkCode=as1&creativeASIN=B000000DPF&adid=088RT4F3MY0S7Q2AAYXD&
アタマにhttpをつけて下さい。

>幅5メートルくらい?
 で、でかい。
 迫力あるでしょうね。

>「ゲルニカ」
 あ、パイキャッソーですね。

>それに画集を見ているよりずっと迫力があり、圧倒され感動できます。
 私もそう思います。

>挿入されている絵画がすべて実物大なんて、最高の教科書! 
 はい。
仰るとおりです。
実物大ってすごいことです。
Commented by coppereye at 2009-09-22 20:46
rockin'さま 其の一
シュールのデ・キリコですね。そういえば、、、『噴水のあるイタリア広場』とか?
「システィーナ礼拝堂」はすごい迫力でした。本物でなくても充分感動。^^

>日本の着物を思い出しました 
もしかすると絹のドレスだからでしょうか?

Commented by coppereye at 2009-09-22 20:57
rockin'さま 其の二
It's a Beautiful Dayのジャケット見ました! 曲も聞きました〜 
風に吹かれて立っているところ、似てますね。^^
曲は、、不思議な雰囲気です。 no eyes って?

小さい絵はよく日本にやって来ますが、大きなのは、特に壁画などは
来ることがないので、大感動です。

Picasso パイキャッソーって何語? @@

Commented by rockin' at 2009-09-23 10:11 x
>Picasso パイキャッソーって何語? @@
 Picasso を英語風に読むとパイキャッソー?
Commented by coppereye at 2009-09-23 13:10
☆rockinさま
なるほど! 面白〜い ^^
アメリカでは「ピカァ〜ソォ」と言ってました。。
ゴーギャンを「ゴギャン]、ゴッホを「ヴァンゴォー」、
ミケランジェロを「マイケランジェロ」、、その他いろいろ、
Art History を勉強していた時、すぐにわからず苦労しました。(^^;
line

花と猫ともろもろと… 絵日記


by coppereye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30