コパの独り言

coppereye.exblog.jp ブログトップ | ログイン

レンピッカ

昨日(17日)は久しぶりに外出。神戸の「兵庫県立美術館」で開催されている『レンピッカ展』へ。
c0132387_15213055.jpg


タマラ・ド・レンピッカ(1898 - 1980) は、日本ではあまり知られていないが、アール・デコの時代に、強烈な存在感で社交界、芸術界に旋風を巻き起こした画家。ロシアの良家に生まれ、ロシア革命を逃れフランスに亡命、生活のために肖像画を描き、またたくまに人気を得て、美貌と才能を武器に、性別を問わず恋愛を楽しむ自由奔放な人生を送ったという。
c0132387_15292097.jpg


独特の画風にはかなりインパクトがあった。
c0132387_1543495.jpg


「赤いチュニカ」キャンバズに納まりきらないほどの迫力。
c0132387_15442286.jpg


「初めて聖体を拝領する少女」。娘の肖像画。印象派は好きではなく、美術館通いをして過去の大巨匠たちの絵画を勉強したとか。確かにあちこちに影響が見られる。布のひだなどまさに古典。
c0132387_1547229.jpg


これなど、マニエリスム風かも。「水浴するスザンナ」
c0132387_15481098.jpg


「修道院長」。最も印象的だった。鬱病に苦しんでいたレンピッカ自身の涙だと言われている。
c0132387_15492975.jpg


別れようとする夫「タデウシュ・ド・レンピッキの肖像」。結婚指輪をしていた左手を未完成のまま残すことに決めた、、、。
c0132387_15434850.jpg





レンピッカのような絵を描きたいと思うわけでもなく、私生活もあまりにかけ離れていて、憧れる等というものではありませんが、どういうわけか感動し、興奮してしまったのでした。043.gif






<ぶつぶつ…>
頼まれて肖像画を描いたので個人の所有となり、今はもう多くを集めることが出来ないそうですが、歌手のマドンナが収集しているとか。もしマドンナがレンピッカの時代の人ならきっと肖像画を描いてもらったでしょうね。

<ぶつぶつ…2>
この春、レンピッカという文字をrockin'さんのブログで見た時、「それ、何? 誰?」でしたが、調べてみると、特に黒いコートの男はどこかで見たことがあるような気がしてならず、友人は「アメリカででも見たのでは?」と言い、もしかすると、美術史の教科書だったかもしれません。震災で失ったので確かめられないのがとても残念です。
by coppereye | 2010-06-18 19:23 | 展覧会(Exhibitions)
line

花と猫ともろもろと… 絵日記


by coppereye
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31